<   2016年 02月 ( 1 )   > この月の画像一覧

 

第560話 嗚呼虎鉄よ、どこへいく

やーぱり間が空いちゃった。テヘペロ


な、第560話の虎鉄さんです。


とりあえずカテゴリー『ドラクエ』を作ってみました。
そこまでネタがあるのか?書くのか?

書けるのか!? おいっ!!



いや、わからんけどwww

とりあえずこれを見てくれ
c0166521_23183738.jpg
一番下よ一番下!

うふ

れんごくプリズム当たっちゃいましたw
ナイス俺!引きツヨな俺!!ありがとう俺!!!w

とりあえずビンボーなんで即売りに出しました。300万ごちそうさまw


ま、そんなのは置いといて
この度、4月ぐらいからお世話になってたチームを去りました。約10ヶ月ぐらいお世話になってたのかな。他のネトゲなんかでも、正味一度居着くと動く事は中々無いんだけども今回はこう言う形を取らせて頂きました。居場所としては居心地良かったよ。いや、マジでマジで。人もそれなりに多くイン率も高めだったしね。次ここと同じ様な場所見つけるのは骨が折れるかもなぁって思うぐらい居心地良かったよ。

「じゃ、なんで抜けるん?」

ま、こう思うよねw
色々あってさ、意固地な性分も相まって… あまり打ち解ける事をやめたんだよねぇ。結果的に原因は自分自身だねぇwそんなこんな騙し騙しな綱渡り的に居たんだけども、会話してたらこんな事を言われたのさ


『なんでフレと遊ばないの?』


目から鱗だったね。瓢箪から駒!

ありのまま今起こった事を話すぜ!
俺はフレを作る為にチームに入ったんだが
チームってそういう場所じゃ無かった!!
ポレナレフAAは略w


俺は言ったね
「後発だからねぇ、フレ作る為に(ここに)入ったんだけどもw」


そしたら言われたね
『Lv上げとかでフレできるじゃない』
『そういう人と私は今でもフレだけど』


出来るわけねーだろwwAHOか?マジでか?wwそれ真顔で言ってんのか?wwwww
俺は後発で開始組から見れば2年差があるんだ。ぶっちゃけまだ開始1年未満よw
俺がLv上げしてる時、まわりでLv上げしてる奴ら見た事ないだろ?Lv30ぐらいのがLv70〜80のサポ3人連れてグルグルしてる環境なんだぞ。そこで俺が必死に倒してる間に周りのNPC狩り尽くす勢いの奴等だよwどーすんのこれw声掛けるだろ?無視か無言で場所変えてくれるぜw
黎明期の皆一丸となってLv上げしてる時とは話が違うんだよwわかるよ、言いたい事は。俺も開始からやってたゲームなんかでさ経験あるよ。そういう知人っていつまでも仲良くできたりするよね。でも、もうそういう人居ないんじゃどうしようもなくね?後発組が長く続かないで辞める理由だろww



ま、この会話に悪意は無かったと思う。本当にこういうのがわからないで言ったんだと思う。そして、本当に目から鱗ってか、モヤモヤが晴れたってか、決意が固まったてか、全部のピースが埋まるってこういう事かって思えた。もうね、俺様久々にリスペクトしちゃったw


ずっと不思議だった事がある。
知人(ドラクエではフレンドか)と何故同じチームに入ってないんだろう。と
皆他に知人がいて、ほぼそういう人とセット(ペア?)になって動いてる。なのにチームは別。めっちゃ不思議だった。
ゲームをやっていくうちにチーム紹介に「固定禁止」が多いのも気がついた。
要は同じチーム内だと『固定』認定されるので別々になって足りない時に各チームから引っ張ってくる。簡単に言うと、野良募集面倒でどんなのが来るか解らないから内々にサクっと呼べる要員補充体制をって感じなのかな。
それがチームの在り方だと感じた。

全員が全員こういう考えでは無いのはわかるんだけども、以前にも書いた「以前の一門やギルド的なもののように仲間意識が持てない」ってのの答えかと感じた。
あぁ、そういう事かってね。

気の合う人も居たし、たぶん勝手に思うだけだけども、かなり大事にされてたとも思う。じゃないと何回も引き止めたりしないんだろうしね。普通愛想尽かして放り出されててもおかしくないものw
そういう人は、俺が本来の俺らしさをここで発揮する方がよかったんだろうけど、そういう人の期待に何も答えれなかったのがかなりつらたん…。


今まで有難うございました!
悔しいので、此処よりも絶対に俺が俺らしく充実して楽しめる場所を見つけてやるww


@10日で1周年だから〜
それまでにはどっかに入っておこうかな。
だってアニバーサリーに1人とか悲し過ぎるじゃんw


じゃそれ過ぎてから出たらよかったやん?



それをしないのが… 俺イズムw
[PR]

  by kotetya2 | 2016-02-16 00:19 | ドラクエ | Comments(0)

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE